1934年から最高品質イタリア産トマト

F.A.Q.

next
よくある質問

F.A.Q.

果肉トマトは基本的に異なった大きさ(10mm、6mm、4mm)にすり潰された皮むきトマトで、より濃厚な(裏ごし)トマトソースのことです。通常果肉トマトは70%のぶつ切りトマトと30%の裏ごしトマトソースで構成されています。これらが普段市場で存在する他のトマトソースと異なるところです。

角切りトマト(14mmもしくは16mm):角切りにされたトマトで果肉トマトと比べより大きく切られたトマトです。通常、あまり濃厚ではなく(少量)、皮や種が多い製品です。

皮無しトマト:皮無しの丸ごとトマトで、より濃厚(裏ごし)なソースに浸したトマトです。果肉トマトと比べ、使用の際にまだ完成されていない(すり潰す必要がある)、トマト内に水分が必要(低効率)でトマト内に種が多いことが欠点です。

裏ごしトマト:半濃縮トマトです。そのため新鮮な商品(は火を通すだけ)に比べ調理するのにより時間がかかり、果肉トマトや皮無しトマトにある自然な味や新鮮さが少し落ちます。

濃縮トマト:この場合、トマトの自然な水分を取るため何時間もの間トマトを煮る必要があり、そのため果肉の新鮮な味が失われることがあります。

果肉トマトと細果肉トマトの違いは本質的に商品にされるトマト一つ一つの直径の大きさの違いです。果肉トマトは直径10mmで目に見える大きさで食感を味わえます。細果肉トマトは直径が6mmのためより滑らかな食感でごたごた感が少ない商品です。通常、果肉トマトはトマトの食感が評価される、ブルスケッタやラザニア、パスタのような料理に適しています。一方、細果肉トマトは大体の場合、より簡単に生地上に広げることができるためピザを作る際に使用されます。

バッグインボックスは、梱包商品において最新タイプです。通常の缶詰めタイプに比べ使用やすさや実用性に長けています。

詳細:
- 金属と商品の接触が無い分、開封する際に金属の破片が商品に入る恐れが無いため、缶詰め製品(最終消費者にとって)より安全な製品になっています。.
- 開封の際に金属で手を切る恐れが無いため缶詰め製品(レストラン関係者にとって)より安全な製品になっています。
- 製品を使い終わった際、缶詰めのように空の容器でキッチンのスペースを埋めずに、折りたたんでゴミ箱にそのまま捨てることができるため処理するのにより快適で便利です。また、容器自体の重さが軽いため、廃棄物税をかなり節約することもできます。
- 缶詰め製品に比べ、より多くの容量を保持できるため持ち運びをするのにより便利です。
- 缶詰め製品より値段も安いため、よりお得な製品です。

はい、最低限の注文量と適したコストで個人経営(個人ラベル)者と働いています。

エミリアロマーニャ州は“食の街”とも呼ばれ、世界でも有名な伝統料理が多いイタリアの地域の一つだからです。エミリアの人々にとって食は伝統であり一種の“任務”のようなものです。また、エミリアロマーニャ州は、ヨーロッパで最もトマトについて緻密な支持規制(一貫生産)がされている地域です。そのため、全ての農業経営者(州境に土地を所有する者も含む)は、殺虫剤の使用や肥料、栽培方法など、厳重に定められた規制に従わなければいけません。これにより、出来上がった作物はよりおいしく出来るだけでなく、より健康的で長持ちします。ピアチェンツァはとりわけ、長年に渡って、トマト栽培の根本的な役割を果たしている地域です。ピアチェンツァの農業関係者はトマトを長年栽培し Steriltom のような生産会社のサポートを受け、毎年新しいテクノロジーや制度に投資しています。実際にピアチェンツァはトマト栽培において北イタリアで最も大きい土地を所持し、北イタリアの全ての加工企業に対して最大供給量を誇っています。 Steriltomはピアチェンツァ県の中心に位置しており、会社から範囲約25km内のエリアで、製品に使用するトマトの80%を収穫することができます。そのため、商品は新鮮さを保ち、長距離の運送などで商品が傷んだり、環境負けしたりする恐れが無いことを意味しています。

“top”
通知

本サイトでは、お客様の好みに沿った広告を送るために、プロファイリングクッキー(本サイトのクッキー、また他のサイトのクッキー)を使用します。詳しい情報を得る又は全て或いはいくつかのクッキーを否認する旨の場合、ここにクリックしてください。もし、以下のバナーにある要素又はリンクにアクセスした場合、クッキーの使用に同意するとみなします。